« 六号機完成前のコト | トップページ | Op-Amp変換アダプタを作ってみました »

2008年4月21日 (月)

自作PHPA七号機のコト

6v01_2相変わらずのA47に、電池分圧の電源部を組み合わせたモノ。

ケースは4作目と同じタカチSW-95。

元々3V駆動の小さなAmpを組むためにと思って用意しておいたiBasso T2にも使われているというAnalog DevicesのAD8616ARZの低電圧駆動のテストを3V~6Vで試したみたところ、やはり3Vより6Vの方が魅力的に鳴ってくれるので、3V駆動版への前哨戦的に組んでみたのが今回の作。

6v02 単4を4本並べると006P一つより随分幅を取り、ケース内の半分は電池に食われます。

基板が小さくなってしまうため、Op-Ampを使った分圧回路だと電解コンを入れるスペースがあまり取れなくなるので、以前、あゆた屋のあゆたさんに教えて頂いた電池分圧を試してみた次第。

これは偶数本を直列に繋げた電池の中点から仮想グランドを取る方法なので、両電源の回路としては最もシンプルなように思います。

その分、電池がヘタって電圧が下がってくると、正負のバランスが崩れやすく、オフセットが出たりするようですが、6V程度だとオフセットが出てもたかが知れているのと、単4の容量だと電圧が落ちきるまで使わなくても、結構な稼動時間は稼げそうなので、まあ、大丈夫かなと。

6v03_2 黒い電解コンはルビコンの超低ESR品で6.3V820uF、左端の一つだけある紫色っぽいのは三洋OS-CONの6.3V220uFです。

電源部は電解コンだけで済んでいるのでシンプルな構成になってますね。

電池分圧の電源部は「え?、こんなに簡単で良いの?」と思ってしまうほどにシンプルなんので、出てくる音もそれなりなのかと思ってましたが、実際聴いてみると、予想をはるかに超える勢いと張りがあり驚きました。

6V駆動のA47は、2作目のCard-Case Ampと同じような構成なのですけど、抵抗分圧の2作目とは比べ物にならないくらいに元気よく鳴ってくれています。

AD8616の性能にも助けられているのでしょうけど、006Pの9V駆動に比べて、やや音は薄味になるものの、駆動時間はだいぶ伸びるので、外に持ち出すにはコレの方が使い勝手は良さそうで、なかなか気に入ったモノができました。

Hahpa070a476v 今回は回路図も書いてみたので、一応載せておきます。

初めて書いたモノなので、ちょっと見辛いかもですが、シンプルな回路なんで、たぶん間違いはないはず。

|

« 六号機完成前のコト | トップページ | Op-Amp変換アダプタを作ってみました »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

これは仮想GNDではなく、本当のGND、つまり本当の両電源だとおもいますよ!

投稿: | 2015年4月 9日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六号機完成前のコト | トップページ | Op-Amp変換アダプタを作ってみました »