« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月18日 (月)

T.sonic320(8GB)のコト

Tsonic320 相変わらず新作アンプのネタは無いので、直近(と言っても2ヶ月前)に購入したDAPのネタ。

このブログはPHPA&DAPなんて冠なので、DAPを扱うのは当然ではありますが、出だしからPHPAネタ中心であったせいか、DAPを扱うのに、なんとなく後ろめたさを感じるような・・・w。

そんなワケでトランセンドのDAP、T.sonic320 8GBモデル。

8GBで約8千円という価格に惹かれて殆ど衝動買い。

USB直挿しタイプとしては、Samsung YP-U2&YP-U3に続いて3台目。

8GBのSDHCやUSBフラッシュメモリが3千円前後になっている昨今とは言え、安くなったモノです。

Tsonic320_2 スモーカー(喫煙者)に通じやすい百円ライターとの対比。

右側のはSamsung YP-U2です。

USB直挿しタイプは概ね百円ライターサイズですね。

携帯性良く、PCとの接続にケーブル不要なのは使ってみるとなかなか便利で、USBフラッシュメモリ代わりにもなるので、大抵サブ機として一つは持ち歩いてます。

さて、T.sonic320の機能面を一応書いておくと、再生対応コーデックはMP3、WMA、WAVと極めてありきたり。他にFMチューナ、FM録音、ボイスレコーディングと基本は抑えました。な構成。

操作系は正面の十字キーと、その中心に再生/停止ボタン、側面にメニューボタンとオーソドックスな構成で、多少DAPの操作に慣れていれば、概ね直感的に使いこなせる無難な構成。

ただ、ちょっとシステム面でクセがあるのは、

「オートパワーオフが無い」コト。

いままで十数台のDAPを使ってきましたが、コレ初めてです。トランセンドのDAPは初購入ですが、このメーカではデフォな仕様なんでしょうか?。

今まで使ってきたDAPは皆、停止状態にしておくと数分(設定次第なのもある)で電源が落ちるので、わざわざ電源オフの操作をする習慣が無かったので、驚きました。

電源をちゃんと落としておかないと、使ってなくても待機状態で1~2日程度でバッテリ切れを起こします。ちょっと不親切な仕様ですね。

この部分のクセは気になるものの、他は概ね満足しててサブ機として活躍してます。

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

近況と最近の購入物など

まだ初めて4月半しか経っていないのに、既に2ヶ月も更新をしていない体たらくなので、PHPAの新作ネタはありませんが、近況と最近の購入物で御茶を濁してみます(汗)。

まあ、更新の滞っている最大の理由にして言い訳は、仕事が忙しくて、じっくり腰を据えてPHPAに向かうヒマが無いのではありますが、そのワリに米連ドラのCSIBONESにハマってビデオを見ているあたりは困ったモノです。

盆休みあたりには、なんとか一つくらいは仕上げたいと思いつつ、盆休みとは名ばかりの土日2連休で終りそうなのも困った所。

前々回に製作中だったコルダコピーも、そのまま手付かずで放置プレイ続行中。

ヘッドホンは放置エージングでこなれて来る場合もありますが、作りかけのPHPAにそんなモノは期待できませんねぇ・・・。

さて、愚痴じみた近況報告はココまでにして、最近の購入物ですが、秋月電子のサイトを久々に覗いてみると、前から欲しかったナショセミのLME49720が入っていたので、早速購入。

以前、下調べもせず何気に共立で買ったシングル版のLME49710を前段に、LM6171を後段にして手持ちのA47を鳴らしてみると、非常に好みで気に入ったので、デュアルのLME49720やクワッドのLME49740を入手しようとググってみると、国内のショップでは扱いが無く、まだ利用したことの無いDigi-Keyくらいしか扱ってなくて躊躇っていたので、秋月に感謝。

今のところiPod nanoと組み合わせて持ち歩いている事の多い参号機(HP-HPA-031)にダブルで入れて楽しんでいます。

音の特徴としては、非常に音場が広くてクリア。

AD8620のような、音楽性にはやや欠け、大人し目ながらも自然で綺麗な印象。同じナショセミのLM4562にも通じる生真面目さがありますね。

価格を考えると、非常にコストパフォーマンスは良いと思います。

ついでに買ったのは新日本無線のNJU7044D

クワッド仕様のA47である六号機(HA-HPA-062)で使えるクワッドOp-Ampが無いモノかと、他のパーツを通販するついでに幾つかクワッドを買って試しているモノの一つ。

多少低域に不自然な膨らまし感はあり、やや平面的な鳴り方ながらも、鮮やかさと勢いは悪くなく、価格を考えると必要充分な性能はありますね。

安くても結構使えるOp-Ampに巡り合えるのは楽しいモノです。

なんだか久々の更新のせいか、たどたどしく、取り留めなく、うまくまとまりませんが、今日の所はこの辺で。

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »