« 2008年9月 | トップページ | 2009年6月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

COWON iAUDIO U5とX5L

発売前の頃だったかに当ブログでもネタにしたCOWONのiAUDIO U5ですが、amazonで1万切ったので購入してみました。

発売当初から、音質の評価の良さと共に、システムの不安定さからくるPCでの認識不良やらフリーズの多さもネット上で良く目にしていたので、しばらく様子見していました。

COWONではX5Lを以前から所有していて、その良さに惚れ込んでいましたので、ネットでの評価の良さと共に期待しつつ聴き始めたワケですが、正直な所、その音質は「あれれれ?」と言った所。Cowon_u5x5l

フラッシュメモリタイプのDAPとしては、他に所有しているSamsungやMPIO、Transcend、gigabeatあたりに比べれば、かなり良いと言えるモノですが、同社のHDDモデルであるX5Lと比べてしまうと、だいぶ物足りないですね。

PHPA自作家のハシクレ的に感じるのは、やはり電力の差。

DAPはHDDとフラッシュで比べると、HDDという機械的な可動部分を持つHDDタイプの方が電力に余裕があり、音にも良い方向で貢献すると言われていますが、まさにそんなカンジ、コンデンサの違いもありそうです。

X5Lと比べてしまうとU5は解像度低く、クリアさに欠け、立ち上がりが悪い眠い音。

繰り返しになりますが、あくまでX5Lに比べてなので、フラッシュタイプのDAPとしては良いレベルではあると思いますが、X5Lを引っ張り出して聴き比べるまでもなく、「あれ?、こんなモノ?」と感じる程の差があるとは思いませんでした。

まあ、値段もサイズも5倍の差があるモノなので、比べるべきものではないのかもしれませんが、X5Lをより大事しつつ、ケースバイケースで使い分けていく必要がありそうです。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

新作予告?

01 え~、2ヶ月以上ぶりの更新ですorz。

ようやく新作作れるかな?な、余裕が出てきたので、マジメに構想を始めました。

先ず、ケースありき。でして今回使うのはご覧のタバコの箱。

一部のスモーカーな方はご存知かと思いますが、コンビニで限定販売しているMarlboroシリーズのアルミケース。

02 中身を消費した後で捨てるには、あまりに勿体無い程にしっかりしたモノで、PHPAのケースとしても手頃。

サイズはほぼ正方形でタテヨコは約95mm、厚みは約18mm弱。

アルミの肉厚は0.5mmもないくらいなので、こんな厚みでも006Pの9Vがピタリと収まります。

049v 中身を抜いて006Pを置いてみた所。

その気になれば006P2本の18V仕様でも充分いけそうです。

今回は半年以上ご無沙汰してしまったリハビリを兼ねて組む予定なので、スペースに余裕のある9Vで作るべく基板の切り出しは済ませた所です。

あまりまとまった時間が取れないのは相変わらずなので、ゆ~っくりレイアウトを練りつつのんびりとやっていきます。

途中で投げださないように、中間報告をいれつつ、組んでいくかもですね。

ちなみに、このケース、単なるタバコの箱なので、随分数が溜まってしまいました。

全部をPHPA化するのは到底無理。かといって捨てるにはなんだか勿体無い状態なのですけど、使ってみたいと思われる自作家の方はいらっしゃるでしょうか?。

20個くらいは放出しても大丈夫なので、ご要望があれば配布させて頂きたいと考えています。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年6月 »