« COWON iAUDIO U5とX5L | トップページ | HA-PHA-080のコト 其の弐 »

2009年6月 8日 (月)

HA-PHA-080のコト 其の壱

このブログの更新は半年振り、PHPAの新作としては1年以上振りとなる、八号機の完成の目処が立ったので、開店休業状態からの再開をします。

Hahpa08002 一応、一発で音出しはOKで、電源インジケータLEDの取り付けと、ケースの加工を残すのみ。

回路は手馴れたA47のクワッドOp-Amp版です。

電源回路はシングルOp-Ampによる分圧回路。

当ブログを読んで頂いている方には、基板の形状から、直ぐにピンと来たかも知れませんが、参号機と同じ、単3電池4本の電池ボックスに収める予定です。

Hahpa080030 入出力のジャックの間隔を1コマ広げたので、ケースの使い回しはできませんが、基本レイアウトは似通ってきますね。

参号機では、Op-Ampへのパスコンを省略することで、電解コンデンサを詰め込むスペースを稼ぎ出していますが、今回は電解コンは1000uF/16Vが2本だけなので、スカスカ気味です。

クワッドOp-Amp周りのレイアウトは六号機の引き写しですし、電源周りもシンプルにして、鈍った感覚のリハビリ用で組みましたので、まあ、それなりのモノです。

ただ、やはり自分で組んだモノから音が出る感覚は、素晴らしく気持ちの良いモノです。

ケースの加工後にまた続報を上げる予定です。

|

« COWON iAUDIO U5とX5L | トップページ | HA-PHA-080のコト 其の弐 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COWON iAUDIO U5とX5L | トップページ | HA-PHA-080のコト 其の弐 »