« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月24日 (水)

HA-PHA-080のコト 其の参

ちょっと間があいてしまいましたが、自作PHPA8号機の続き、音に関してです。

Hahpa080 音声増幅部のクワッドOp-AmpはTL084CN、電源分圧部はLM6171。

同じクワッド仕様の6号機との主な違いは電源分圧部です。

6号機はデュアルOp-Ampによる出力グランドを独立した4ch仕様と、電解コンは一般グレードながら1000fu/16vを6本仕込んでいました。

なので、電源部の違いによる音質差に注目していたワケですが、電解コンに音響用を使っている、この8号機のほうがスッキリした音で、6号機よりクリア感は明らかに勝ります。

6号機はややモッサリした音で、常用するには物足りなさがあったのですが、その点がだいぶ解消され、聴き易くなりました。

電解コンの容量が3分の1になっているせいか、低域の量はやや少ないような気はするものの、必要量は充分出ていますし、質感は向上しているので、その点も良好。

TL084のキャラクタのせいか、アナデバのOp-Ampに比べれば大人し目の雰囲気ですが、ETYMOTIC RESEARCH ER-6と組み合わせると、今まで組んできた中では最も澄んだ音のように感じます。Celine Dionあたりがドンピシャでハマり、聴き惚れますね。

今回は、約1年振りのリハビリを兼ねて、手馴れたモノを組みましたが、当初の予想以上に6号機との差が感じられたので、ちょっとした仕様の違いを試せる自作の面白さを再確認できましたね。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

DAP用コレクションケース

手持ちのDAPが、なんとなく買い込んでいる内に、それなりの数になり、普段の置き場所や収納に不便を感じてきたので、まとめて収納しておくケースをHCや百均で以前から探していましたが、なかなか手頃なモノに巡り合えず、自作してみました。

Photo 基本的な材料はこんなモノ。

百均ダイソーで揃えた、A4サイズの書類ケース、発泡ポリスチレン製のカラーボード(5mm厚)、コルクシート。

書類ケースの底にコルクシートを敷き、カラーボードを短冊状に切り分けて、DAPに合わせた仕切りを組んでいきます。

Photo_2 カラーボードはカッターでサクサク切れますし、その仕切り同士の結合は両面テープで済むので、1時間程の作業で完成。

とりあえず、普段あまり使わない2軍のDAPを収めておくコトにしました。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

HA-PHA-080のコト 其の弐

LEDの取り付けと、ケースの加工も終わり、ひとまずHA-PHA-080の完成。

Hahpa080 ボリュームのツマミが大き過ぎますね、まあ、暫定仕様ってコトで。

今回はケースの加工でちょいとミスりまして↓。

Hahpa080_2 出力側のジャック用の穴を大きく開け過ぎまして、隙間が大きいです。

まあ、ジャックは基板に直付けなので、穴が大きすぎてもガタがでるワケではありませんし、ヘッドホンのプラグを挿してしまえば隠れてしまう範囲ではありますが(汗)。

マメに現物合わせをしながら広げていれば、こんなコトにはなりませんが、TV見ながら、アバウトにやっちゃうと、こ~ゆ~コトになりますね。

まあ、無事に完成しましたので、現在iPod nano(3G)に繋げて鳴らし込み中です。

音に関しては、もうちょっと鳴らしてみてからですね。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

HA-PHA-080のコト 其の壱

このブログの更新は半年振り、PHPAの新作としては1年以上振りとなる、八号機の完成の目処が立ったので、開店休業状態からの再開をします。

Hahpa08002 一応、一発で音出しはOKで、電源インジケータLEDの取り付けと、ケースの加工を残すのみ。

回路は手馴れたA47のクワッドOp-Amp版です。

電源回路はシングルOp-Ampによる分圧回路。

当ブログを読んで頂いている方には、基板の形状から、直ぐにピンと来たかも知れませんが、参号機と同じ、単3電池4本の電池ボックスに収める予定です。

Hahpa080030 入出力のジャックの間隔を1コマ広げたので、ケースの使い回しはできませんが、基本レイアウトは似通ってきますね。

参号機では、Op-Ampへのパスコンを省略することで、電解コンデンサを詰め込むスペースを稼ぎ出していますが、今回は電解コンは1000uF/16Vが2本だけなので、スカスカ気味です。

クワッドOp-Amp周りのレイアウトは六号機の引き写しですし、電源周りもシンプルにして、鈍った感覚のリハビリ用で組みましたので、まあ、それなりのモノです。

ただ、やはり自分で組んだモノから音が出る感覚は、素晴らしく気持ちの良いモノです。

ケースの加工後にまた続報を上げる予定です。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »