ヘッドホンアンプ

2009年7月 2日 (木)

カーボン抵抗と金属皮膜抵抗の聴き比べ

ワタシが普段、自作PHPAに使っている抵抗は、参号機以降は秋月電子のカーボン抵抗で、壱、弐号機の頃は、千石電商売で扱っているKOAの金属皮膜抵抗を使っていました。

どちらも音響用でもなんでもない安価なモノですが、某所で「秋月のカーボンが良い」と聞いて以来、漠然と使っていて、直接音の違いをちゃんと検証していなかったので、テストベットとして組んでみたのが↓。

Photo 手馴れたクワッド仕様のA47&デュアルOP-AMP分圧によるPHPA。

向かって左が金属皮膜抵抗で、右がカーボン抵抗を使っている以外は、まったく同じ構成で組んでいます。

抵抗の聴き比べをするだけなら、その部分だけICソケットにしておいて差し替えにするなり、ブレッドボードをつかうなり、電源部だけでも別ユニットにして使い回すなり工夫のしようがありそうなモノですが、なんとなく単体で使えないモノは未完成品のような気がして…、効率悪いですね。

まあ、聴き比べをするのに、極力時間を掛けずに切り替えたかったのもありますが。

ちなみに、秋月のカーボンが100本買いで、1本あたり1円。

千石の金皮が100本買いで、1本あたり3円ですから、価格差としては3倍ですが、A47を組むのに30円程度の差しかでないので、実質的には微差ですね。

本題の音の差にかんしては、また次回。

| | コメント (18)

2009年6月24日 (水)

HA-PHA-080のコト 其の参

ちょっと間があいてしまいましたが、自作PHPA8号機の続き、音に関してです。

Hahpa080 音声増幅部のクワッドOp-AmpはTL084CN、電源分圧部はLM6171。

同じクワッド仕様の6号機との主な違いは電源分圧部です。

6号機はデュアルOp-Ampによる出力グランドを独立した4ch仕様と、電解コンは一般グレードながら1000fu/16vを6本仕込んでいました。

なので、電源部の違いによる音質差に注目していたワケですが、電解コンに音響用を使っている、この8号機のほうがスッキリした音で、6号機よりクリア感は明らかに勝ります。

6号機はややモッサリした音で、常用するには物足りなさがあったのですが、その点がだいぶ解消され、聴き易くなりました。

電解コンの容量が3分の1になっているせいか、低域の量はやや少ないような気はするものの、必要量は充分出ていますし、質感は向上しているので、その点も良好。

TL084のキャラクタのせいか、アナデバのOp-Ampに比べれば大人し目の雰囲気ですが、ETYMOTIC RESEARCH ER-6と組み合わせると、今まで組んできた中では最も澄んだ音のように感じます。Celine Dionあたりがドンピシャでハマり、聴き惚れますね。

今回は、約1年振りのリハビリを兼ねて、手馴れたモノを組みましたが、当初の予想以上に6号機との差が感じられたので、ちょっとした仕様の違いを試せる自作の面白さを再確認できましたね。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

HA-PHA-080のコト 其の弐

LEDの取り付けと、ケースの加工も終わり、ひとまずHA-PHA-080の完成。

Hahpa080 ボリュームのツマミが大き過ぎますね、まあ、暫定仕様ってコトで。

今回はケースの加工でちょいとミスりまして↓。

Hahpa080_2 出力側のジャック用の穴を大きく開け過ぎまして、隙間が大きいです。

まあ、ジャックは基板に直付けなので、穴が大きすぎてもガタがでるワケではありませんし、ヘッドホンのプラグを挿してしまえば隠れてしまう範囲ではありますが(汗)。

マメに現物合わせをしながら広げていれば、こんなコトにはなりませんが、TV見ながら、アバウトにやっちゃうと、こ~ゆ~コトになりますね。

まあ、無事に完成しましたので、現在iPod nano(3G)に繋げて鳴らし込み中です。

音に関しては、もうちょっと鳴らしてみてからですね。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

HA-PHA-080のコト 其の壱

このブログの更新は半年振り、PHPAの新作としては1年以上振りとなる、八号機の完成の目処が立ったので、開店休業状態からの再開をします。

Hahpa08002 一応、一発で音出しはOKで、電源インジケータLEDの取り付けと、ケースの加工を残すのみ。

回路は手馴れたA47のクワッドOp-Amp版です。

電源回路はシングルOp-Ampによる分圧回路。

当ブログを読んで頂いている方には、基板の形状から、直ぐにピンと来たかも知れませんが、参号機と同じ、単3電池4本の電池ボックスに収める予定です。

Hahpa080030 入出力のジャックの間隔を1コマ広げたので、ケースの使い回しはできませんが、基本レイアウトは似通ってきますね。

参号機では、Op-Ampへのパスコンを省略することで、電解コンデンサを詰め込むスペースを稼ぎ出していますが、今回は電解コンは1000uF/16Vが2本だけなので、スカスカ気味です。

クワッドOp-Amp周りのレイアウトは六号機の引き写しですし、電源周りもシンプルにして、鈍った感覚のリハビリ用で組みましたので、まあ、それなりのモノです。

ただ、やはり自分で組んだモノから音が出る感覚は、素晴らしく気持ちの良いモノです。

ケースの加工後にまた続報を上げる予定です。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

新作予告?

01 え~、2ヶ月以上ぶりの更新ですorz。

ようやく新作作れるかな?な、余裕が出てきたので、マジメに構想を始めました。

先ず、ケースありき。でして今回使うのはご覧のタバコの箱。

一部のスモーカーな方はご存知かと思いますが、コンビニで限定販売しているMarlboroシリーズのアルミケース。

02 中身を消費した後で捨てるには、あまりに勿体無い程にしっかりしたモノで、PHPAのケースとしても手頃。

サイズはほぼ正方形でタテヨコは約95mm、厚みは約18mm弱。

アルミの肉厚は0.5mmもないくらいなので、こんな厚みでも006Pの9Vがピタリと収まります。

049v 中身を抜いて006Pを置いてみた所。

その気になれば006P2本の18V仕様でも充分いけそうです。

今回は半年以上ご無沙汰してしまったリハビリを兼ねて組む予定なので、スペースに余裕のある9Vで作るべく基板の切り出しは済ませた所です。

あまりまとまった時間が取れないのは相変わらずなので、ゆ~っくりレイアウトを練りつつのんびりとやっていきます。

途中で投げださないように、中間報告をいれつつ、組んでいくかもですね。

ちなみに、このケース、単なるタバコの箱なので、随分数が溜まってしまいました。

全部をPHPA化するのは到底無理。かといって捨てるにはなんだか勿体無い状態なのですけど、使ってみたいと思われる自作家の方はいらっしゃるでしょうか?。

20個くらいは放出しても大丈夫なので、ご要望があれば配布させて頂きたいと考えています。

| | コメント (2)

2008年8月 1日 (金)

近況と最近の購入物など

まだ初めて4月半しか経っていないのに、既に2ヶ月も更新をしていない体たらくなので、PHPAの新作ネタはありませんが、近況と最近の購入物で御茶を濁してみます(汗)。

まあ、更新の滞っている最大の理由にして言い訳は、仕事が忙しくて、じっくり腰を据えてPHPAに向かうヒマが無いのではありますが、そのワリに米連ドラのCSIBONESにハマってビデオを見ているあたりは困ったモノです。

盆休みあたりには、なんとか一つくらいは仕上げたいと思いつつ、盆休みとは名ばかりの土日2連休で終りそうなのも困った所。

前々回に製作中だったコルダコピーも、そのまま手付かずで放置プレイ続行中。

ヘッドホンは放置エージングでこなれて来る場合もありますが、作りかけのPHPAにそんなモノは期待できませんねぇ・・・。

さて、愚痴じみた近況報告はココまでにして、最近の購入物ですが、秋月電子のサイトを久々に覗いてみると、前から欲しかったナショセミのLME49720が入っていたので、早速購入。

以前、下調べもせず何気に共立で買ったシングル版のLME49710を前段に、LM6171を後段にして手持ちのA47を鳴らしてみると、非常に好みで気に入ったので、デュアルのLME49720やクワッドのLME49740を入手しようとググってみると、国内のショップでは扱いが無く、まだ利用したことの無いDigi-Keyくらいしか扱ってなくて躊躇っていたので、秋月に感謝。

今のところiPod nanoと組み合わせて持ち歩いている事の多い参号機(HP-HPA-031)にダブルで入れて楽しんでいます。

音の特徴としては、非常に音場が広くてクリア。

AD8620のような、音楽性にはやや欠け、大人し目ながらも自然で綺麗な印象。同じナショセミのLM4562にも通じる生真面目さがありますね。

価格を考えると、非常にコストパフォーマンスは良いと思います。

ついでに買ったのは新日本無線のNJU7044D

クワッド仕様のA47である六号機(HA-HPA-062)で使えるクワッドOp-Ampが無いモノかと、他のパーツを通販するついでに幾つかクワッドを買って試しているモノの一つ。

多少低域に不自然な膨らまし感はあり、やや平面的な鳴り方ながらも、鮮やかさと勢いは悪くなく、価格を考えると必要充分な性能はありますね。

安くても結構使えるOp-Ampに巡り合えるのは楽しいモノです。

なんだか久々の更新のせいか、たどたどしく、取り留めなく、うまくまとまりませんが、今日の所はこの辺で。

| | コメント (2)

2008年5月 3日 (土)

Op-Amp変換アダプタを作ってみました

自作のQuad仕様のA47(HA-HPA-062)でSingleやDualのOp-AmpのテストができるようにOp-Ampの変換アダプタを幾つか作ってみました。

Dual Op-Ampを使った分圧&4ch化や、電解コンの容量が一番大きく取れているので、現在の作の中では、電源周りがリファレンス的に使えるかなと。

01singledual01 コレはSingle×2→Dualへの変換。

ICソケットの側面が白くなっているのは1番ピンのマークです。

コレとはBrowndogとかで市販品もあるようですけど、ワザワザ買う程のモノではないかなと、意外に高いですし。

02dualquad01 コレはDual×2→Quadへの変換アダプタ。

調べて無いので市販品があるかどうかは不明です。

04dualquad062に挿してみると、こんな感じに。

以上の2タイプを重ねて使うと、Single×4をQuadとして使う事ができるのですが、SOICの変換基板の下にもICソケットがついていたりすると、ICソケットが5段重ねになってしまい、高さがすごい事に。

Soicsingedualquad 積み木かダイヤブロックのようです。

まぁ、自宅でテストする用なので、ケースのフタが閉まらないのはなんら問題がありませんが、いくらなんでも、あんまりな見た目。

05singlequad01 それで作ったのがSingle×4→Quadの変換アダプタ。

07singlequad だいぶスッキリしました。

元々普通にQuadを使った状態で、上に2mm程度のクリアランスしかないので、どんな変換アダプタを使ってもフタは閉まらなくなってしまうので、見た目以外のメリットはあまり無いのですけどね。

コレで062をベースに色々なOp-Ampの組み合わせを試せるようになりました。

初段と後段でSingleとDualの組み合わせとかの変則的なのも可能。

色々聞き比べしながら、次回作の構想中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

自作PHPA七号機のコト

6v01_2相変わらずのA47に、電池分圧の電源部を組み合わせたモノ。

ケースは4作目と同じタカチSW-95。

元々3V駆動の小さなAmpを組むためにと思って用意しておいたiBasso T2にも使われているというAnalog DevicesのAD8616ARZの低電圧駆動のテストを3V~6Vで試したみたところ、やはり3Vより6Vの方が魅力的に鳴ってくれるので、3V駆動版への前哨戦的に組んでみたのが今回の作。

6v02 単4を4本並べると006P一つより随分幅を取り、ケース内の半分は電池に食われます。

基板が小さくなってしまうため、Op-Ampを使った分圧回路だと電解コンを入れるスペースがあまり取れなくなるので、以前、あゆた屋のあゆたさんに教えて頂いた電池分圧を試してみた次第。

これは偶数本を直列に繋げた電池の中点から仮想グランドを取る方法なので、両電源の回路としては最もシンプルなように思います。

その分、電池がヘタって電圧が下がってくると、正負のバランスが崩れやすく、オフセットが出たりするようですが、6V程度だとオフセットが出てもたかが知れているのと、単4の容量だと電圧が落ちきるまで使わなくても、結構な稼動時間は稼げそうなので、まあ、大丈夫かなと。

6v03_2 黒い電解コンはルビコンの超低ESR品で6.3V820uF、左端の一つだけある紫色っぽいのは三洋OS-CONの6.3V220uFです。

電源部は電解コンだけで済んでいるのでシンプルな構成になってますね。

電池分圧の電源部は「え?、こんなに簡単で良いの?」と思ってしまうほどにシンプルなんので、出てくる音もそれなりなのかと思ってましたが、実際聴いてみると、予想をはるかに超える勢いと張りがあり驚きました。

6V駆動のA47は、2作目のCard-Case Ampと同じような構成なのですけど、抵抗分圧の2作目とは比べ物にならないくらいに元気よく鳴ってくれています。

AD8616の性能にも助けられているのでしょうけど、006Pの9V駆動に比べて、やや音は薄味になるものの、駆動時間はだいぶ伸びるので、外に持ち出すにはコレの方が使い勝手は良さそうで、なかなか気に入ったモノができました。

Hahpa070a476v 今回は回路図も書いてみたので、一応載せておきます。

初めて書いたモノなので、ちょっと見辛いかもですが、シンプルな回路なんで、たぶん間違いはないはず。

| | コメント (1)

2008年4月20日 (日)

六号機完成前のコト

自作PHPAが溜まるにつれて、それぞれにちゃんとした名前があるワケでもなく、自分の中でも収拾がつかなくなりそうなので、便宜上のコードを付けておくことにしました。

今回の6号機をそれ風にコードを付けると、HA-PHA-062となります。

「062」は6号機のバージョン2というコトで、バージョン0と1が実は存在しましたというお話。

Hahpa06004 コレがVer.1の姿、Ver.0の写真は撮っていません。

当然、何も好き好んでVer.2で完成に漕ぎ着けたワケでは無く、Ver.0と1は失敗作でした。

音声増幅部のレイアウトや、入出力のジャック、ボリュームにスイッチは同じで、それぞれ電源分圧部が違います。

Ver.0は、5作目と同じトランジスタのダイヤモンドバッファによる分圧だったのですが、選別もしないで使ったトランジスタにハズレがあったのか、結線が悪かったのか解りませんでしたが、正負のバランスが取れず、9Vを分圧して4.5Vづつにならなくてはいけないのに、+側が3.5V、-側が5.5Vな状態でちゃんと鳴ってくれませんでした。

とりあえず分圧回路がマズいのは確かなので、トランジスタを外してデュアルOp-Ampの分圧に変更したのが、上の写真のVer.1です。

Ver.2とは電解コンの定数とレイアウト、Outputの仮想グランドを別にしていない点が違います。

コレで分圧のバランスもちゃんと取れて、マトモに鳴ってくれると思ったら、分圧は正常なものの、ちょっとの振動でノイズが乗ったり、音が途切れたりしまくりで、とても安定して使える状態ではありませんでした。

ハンダ浮きしている所があるのか、他とショートしかけている所があるのかと、チェックしつつコテの当て直しをしても、状況は改善せず、さらに再現性がマチマチになったりして、結局原因不明。

手直しをしている内に、基板のランドが剥がれたりしてきたので、基板を新しくし、抵抗以外のパーツを移植して、電源分圧部を練り直し、組み直してVer.2となりました。

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

自作PHPA六号機のコト

Hahpa06001 自作PHPAの6作目、クワッド(4回路)Op-Amp仕様のA47です。

ケースは5作目と同じでテイシン電機のTB56。見た目が紛らわしいのでLEDの位置を変えて区別化。

A47は音声増幅部で4回路のOp-Ampを必要とするので、シングルのみなら4つ、デュアルなら2つ、クワッドなら1つというコトになりますから、クワッドなら1つで済む分、パスコンや電源ラインの配線が簡単で済むな~、という手抜きな発想による製作ですw。

Hahpa06002 18Vの5作目と同じケースで006P1つの9Vにしたので、ケース内には余裕があり、その分、電解コンを増やしています。1000uFが6本ですから、容量は今までのワタシの作の中では最大です。

電源分圧はデュアルOp-Ampにしたので、Outputの仮想グランドを別にして、4ch化しています。

分圧部のOp-Ampは安価で出力電流の大きめなNJM4580を使用。

Hahpa06003 クワッドOp-Ampを使う利点として、パーツレイアウトをシンメトリにしやすいのもありますね。

デュアルだと、電源ラインが4番と8番という対角線上になってしまうので、左右で対になるパーツが1段づつズレますが、クワッドだと真ん中の4番と11番が電源ですし、回路自体も対面同士が対になっていますので、片側のレイアウトだけ考えれば済んで簡単でした。

パスコンも電源ピンに直接付けられたのも助かりましたし。

ただ、最大の難点は、デュアルに比べると、Op-Ampの種類が少ない事です。

初段、後段の色々な組み合わせを試すこともできませんしね。

と、言いますか、今回TL074、TLC274、LM837と3つのクワッドを用意していたのですが、ちゃんと鳴ってくれたのはTL074だけでした。元々TLC272の音が好きなワタシは、そのクワッド版TLC274に期待していたので残念orz。

回路自体の事をちゃんと解っていないワタシには、他の2つがダメだった理由は解りませんが、デュアル版でも、TLC272は後段では使えなかったコトを、後で思い出していたりorz。

まあ、TL074も悪くないんですけどね、スピード感には欠けるので、打ち込み系だと若干もたつきはありますが、透明感のある余韻は良く、ピアノやアコギ、女性ヴォーカルは中々綺麗に鳴ってくれます。

低域も電解コンの容量が大きめに取れているせいか、量はしっかり出ます、ただ、質的には、もうちょっと締りが欲しかった所で、ちゃんとオーディオ用を使えば、違った感じになったかもですね。

音的には、それなりに満足したモノになったのですが、このAmpはちょっと問題を抱えてまして、何故か電源を入れてから右chの音が出るまでに、左より10秒くらい遅れます。電源を切るときは、わずかな差ですが右が先に落ちます。

音が出始めてからは、特に左右の偏りがあるワケではなく、ちゃんと鳴っているようにワタシには感じられるので、実用上はさして問題はないものの、どこか結線がおかしいのでしょうね、一応見直しはしたつもりなのですが、今のところ原因不明です。

ココに至るまででも結構トラブル続きだったので、その辺のお話は次回にでも。

| | コメント (0)